TOP

吉原風俗の個人的なエロ歴史(体験談)を書いています。

フェラ目当てで吉原ソープへ……

別に恋人のことは嫌いとかではないんです。一緒にいて心地よい存在ではあるんですけど、ただ絶対にフェラだけはしてくれないんですよね。こちらはフェラが大好きなのに、彼女は絶対にフェラはしてくれないんです。この妥協点は吉原のソープしかないって思うんですよね。そんな訳で最近はよく吉原ソープのお世話になってます。女の子に求めたのはフェラだけ。自分が攻めたい訳じゃなく、とにかくフェラをしてもらいたいなと。だからずっとフェラをしてもらっていました。相手をしてくれたHさんの腕前もなかなかのもので、大満足です。久しぶりにフェラをされるあの感覚を味わえて、自分としても懐かしいやら気持ちいやらいろいろな気持ちになりました。それに思ったんです。どうせ恋人がしてくれたとしてもここまで上手じゃないし、要求して断られるのもあまり良い気はしないので、絶対に断られないソープでフェラチオを思う存分堪能した方が良いんじゃないかなって思うようになりました。【吉原 ソープ】でネット検索してたまたま見つけたお店なのですが、最高でしたね。

吉原ソープでのドキドキ感

吉原のソープってきっと風俗の中で一番ドキドキさせられるんじゃないかなって思っているんですよ。二人きり、それに加えて密室。部屋の雰囲気も良いじゃないですか。だからこそ物凄くドキドキさせられるんです。実際自分は吉原ソープを利用する時は快感そのものよりもむしろドキドキ感を求めているのかもしれません。ドキドキ感を味わいたい時にはここのソープ。そんな深層心理があるのかもしれません。先日お世話になったJちゃんとの時間も気持ちよかったのはもちろんですが、何よりとてもドキドキしたのを覚えています。恋愛しているかのようなドキドキ感って言っても良いんじゃないですかね(笑)本当に自分を錯覚してくれるような女の子なんです。これっていわば彼女の魅力に翻弄されているってことなのかもしれないですよね。彼女と一緒にいると彼女は視線の使い方とか雰囲気の使い方がとても上手な風俗嬢だなって思わされるんですよ。それもあってか、いつも指名してしまうんですよね。

簡単だったんですよね

それまで風俗はハードルが高いものだって勝手に思っていたんですよ。利用するためにはお店まで行くなり予約するなり、ちょっと面倒なんじゃないかなって思っていたんですけど、これは自分の情報不足でしたね。そもそも風俗にもいろんなスタイルがあります。中でもデリヘルに関しては利用する上でのハードルなんて無いに等しいんじゃないかなって思いますよね。電話でどこからでもいつでも呼び出せtげしまうんです。実際に自分もデリヘルを利用してみたんですけど、とにかく簡単に利用することが出来るんですよ。しかも今時は誰もがスマートフォンとか携帯電話を持っていますから、思い立ったその瞬間にデリヘル嬢を呼べるってことでもあるんですよね。デリヘルのことを知らずに風俗はハードルが高いだなんて思っていた自分が恥ずかしいのと、ここまで簡単に利用出来るってことで、自分も最近デリヘルを利用する機会が増えています(笑)それくらい簡単だってことですね。

電車とバスを乗り継いで風俗

その風俗店は自分にとってはまさに秘境というか、かなり遠方にあるんですよね。車を持っていない自分はその風俗店に行くためにバス、そして電車を乗り継いで行ってきました(笑)それなら近い風俗店にしておけば良いんじゃないかって思う人もいると思うんですよ。でも風俗マニアであれば分かってもらえると思いますけど、風俗ってロマンもあるじゃないですか。気持ち良ければ良いって話ではなくて、そこまで行って楽しむ。そんなプロセスの部分まで楽しみたいって気持ちも持っているので苦労も苦労じゃないというか、むしろその道中もそれはそれで楽しいというか(笑)そして女の子と楽しんできたんですけど、それだけの苦労をした甲斐がありましたね。口コミで見つけたんですよ。かなり良いとのことだったんですけど、実際にかなり良かったとしか言えません。丁寧だし可愛いし。何となく男が好むタイプの女の子が自分のために一生懸命楽しませてくれるんですから。

選べるとなれば風俗!

選べるサービスってたくさんありますけど、男の本能でいろいろと選べるとなればやっぱり風俗じゃないですかね。そもそも風俗って、言葉は有名かもしれませんが、かなり細分化しているじゃないですか。総称であって、細かいジャンルで区別されていますし、更にはそこから時間、女の子。いろいろと選択肢があるじゃないですか。個人的に風俗が好きなのはそこかなって思っています。自分で選べるのでプライドまで満たせるじゃないですか。そして女の子を選んでプライドを満たした後は快感をもたらしてくれるんです。だから風俗っていろんな満足が待っているのでいいですよね。むしろそれこそが風俗の強みなんじゃないかなとも思いますよね。せっかくお金を払う以上、満足はいくらあっても良いと思うんですけど、風俗がもたらしてくれる満足は男が求めているものそのものだと思うので、だからこそこちらとしても何かあった時、真っ先に風俗のことを思い浮かべちゃうんですよね。

ネーミングも大切なのかも

風俗店はネーミングセンスも大切なのかもしれないですね。最近はお洒落な雰囲気の横文字のお店も多いじゃないですか。お店の名前を見るだけでは何のお店か分からないものの、お店のホームページを見て風俗店だと気付くってケースも珍しくはないかなと思うんですけど、この前行ったお店は横文字ではなく、シンプル。それでいて誰もが「あ、風俗か」って思うお店だったんです。流行りに背を向けた昔気質なのか、それとも単純にセンスの問題なのかは自分は分かりませんが、古いのが逆に新しい。そんな雰囲気のお店でした。でもそんなお店ではあっても女の子の質は最高峰。むしろそこに自分自身、言い知れぬ感動を覚えたのも事実だったんですよね。風俗は気持ちの問題も強いと思うんですよ。お店の名前から、こちらを刺激してくる確信犯的なお店だったので、自分としては満足度が高かったなと。あれはなかなか味わえるものじゃないかなって思わされたくらいですしね。